Practice makes perfectの本当の意味とは?

Practice makes perfectの意味はご存知でしょうか?

多くの辞書やサイトには「習うより慣れよ」と載っていますが、厳密には少し違います。

Practice makes perfectとは、文字通り訳すと「練習が完璧にする」。

教わるよりもとにかく練習せよ、という意味の「習うより慣れよ」と、すでに習ったことを繰り返し練習すれば完璧になる、という意味のPractice makes perfectは、一見似ているようでニュアンスが違います。

ポイントは「がむしゃらに自己流で英語をやり続けて伸びるのか?」ということです。

「習うより慣れよ」はある程度真実ですし、あるポイントで量は質に変化していく為、もちろん何もやらないよりは自己流でやった方が100倍良いです。

ただ、自己流で行う練習と、プロの講師陣の指導による練習は、やはり今後の生徒の伸びに大きな違いを生んでいくことになります。

下記の動画は、SEED Academyに入塾されて間もない生徒たち

SEEDメソッドに則ったレッスンで、いま何をやるべきか、口の動きから手の動かし方まで、細かく指導されます。

短期間でも発音がとても上手になりました!

自己流ではなく、実績に裏付けられた練習を積み重ねることによって、これからもどんどん英語がうまくなっていくことでしょう!